livedoor Blog
(ブログ) ライフスタイル・暮らし(総合) - ライフスタイル・暮らし  ]        
livedoorlivedoor ホーム

目の下のたるみも解消!整形しないで若返る「たるみ改善プログラム」塾:アンチエイジングな食生活・栄養

このページは アンチエイジングな食生活・栄養 についてまとめています。


トップページ > アンチエイジングな食生活・栄養

アンチエイジングな食生活・栄養カテゴリー記事一覧(新着順)

  • 男性塾生さんから 美に対する熱い想いのメールをいただきました
  • 「糖化」が諸悪の根源だった!〜三角食べ▲はどうなる?
  • 栄養面から「たるみ」にアプローチする!
  • アラフォーに必須は血管を守る生活だ!
  • レタスを食べると眠くなる・・・「目から”ウロコ”シリーズ」
  • 骨粗鬆症(こつそしょうしょう)を防ぐには『今』が大事だ!
  • 油っこいものを食べると肌は脂っぽくなるのか?
  • 秋・・・キノコの食物繊維は便秘解消に良い
  • 便秘をすると肌アレする。この常識の「なぜ?」
  • お肉をたくさん食べると免疫力は上がるのか?
  • 2011年08月05日

    男性塾生さんから 美に対する熱い想いのメールをいただきました

    ● 男性塾生さんから 美に対する熱い想いのメールをいただきました

    こんにちは。おきゃんママでございます。

    一般的に男性はあまり見た目を気にしません。


    いや、本当は気にしているけど

    「男が見た目を気にするのはなんぞや」

    ・・・と、あまり表にださない人が多いと感じます。
    そして結局は、女性ほどの努力をしない。


    女磨き塾には男性もおられますが
    その男性塾生さんの中で
    とても美容に研究熱心な方がおられます。

    女性にも参考になることが多いと思いますので
    2通のお便りを一部掲載させていただきますね。

    励みになる嬉しいこと
      および、
      7月4日のメールセミナー記事
      (こちらはブログに掲載していません)
      に対していただいた感想です。


    −・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−


    > おきゃんママのブログで、

    > >男性などは
    「これがオトコの貫禄や、文句あっか」
    とハゲても腹が出っ張っても顔がたるんでも
    開き直ることもできるが
    女はそうはいかないんであります。

    >  ↑
    > 男性の大多数
    > (たぶん85%以上の方がそうなっちゃうんですよね。 ~ . ~ ;)
     
    > で、男性はそのあとどうなるのか、(順不同ですよ)

    > 1.「定年退職後、離婚状を妻から突きつけられる
    > 2.「お父さんの後のお風呂には 入りたくない」と,娘・息子から言われる。
    > 3.「お父さんに触られたくない」と娘・息子から思われる。
    > 4.洗濯物は、お父さんの分だけ別に洗われる。

    > ・・ま、すべてのお父さんがそうではないですけれどね^ ^;
    >  けれども、2.と3.に当てはまる日本のお父さんは
    >  けっこう高いパーセンテージかな?と思います。

    >  上記が、 「これがオトコの貫禄や、文句あっか」 〜の
    > 結末ではないでしょうか?
    >  私はそれに納得できないんです。
     
    > ・「恋人にするなら、お父さんみたいな人」
    >  ↓
    > 日本の父親というものは
    > そう思われるくらいにならなきゃいけないと思います。
    > と言っても 私は独身ですので、関係ないかも知れませんが、
    > まあ、犬の遠吠えと思って、読んでくださいね ^ ^ ;

    > なぜ私がそういう事(男性の美意識)にこだわるのか?
    > おきゃんママのブログにこだわるのか?
    >  ↓
    > それはジェームス・ディーンなのです。
    > んん?話が急に・・どうしたんGさん? と言われそうですね。
     
    > 聞いて下さい、私が男性に対して、初めて嫉妬したのは、
    > ジェームス・ディーンの写真を見た瞬間でした。
    > 私がまだ小学校低学年だったと思います。
    > あの嫉妬感、まだ覚えていますよ。

    > そして中学に上がり、映画雑誌を買い、
    > ジェームス・ディーンのフォトを切り抜いて、
    > 部屋にたくさん貼っていたのを覚えています。

    > 今でも最高に親しみを覚える俳優です。
    > 彼はとても小柄ですし
    > (公称173cmは明らかに所属事務所のハッタリで、
    >  共演女優との身長差(女優のハイヒールの高さも計算)や
    >  他の多くの写真を分析すれば
    >  彼は167〜169cmの間である事が分かる)、
    > また俳優の中で最高にハンサムというわけでもありません。

    > ジミー以上にハンサムだった男優は確かにいます。
    > 古い人では、マーロン・ブランド、グレゴリー・ペック、
    > ポール・ニューマン、
    > 現代では、ミッキー・ローク、ブラッド・ピット、
    > トムクルーズ、エドワード・ファーロングなど。

    > しかしジェームス・ディーンだけ、”あの時のまま” ですよね?
    > 当たり前ですけど・・いつまで経っても老いない。
    > しかしそんな彼を目指してゆきたい。

    > 「老いない事」は不可能ですけど、
    > 美しく年をとってゆきたいものです。
    > ナイスミドルというだけでなく、少年性をもって。
    > それが長年のジェームス・ディーンのファンとして
    > 彼へのせめてもの敬意だと思います。

    > まだ結石のせいで腎臓が膨らんでおり、
    > そのために目の下のクマは存在してますが
    > 顔は垂れ下がりません。つるんとした輪郭ですよ。
     
    > 今は、
    > ・ベーストレーニングほぼすべてを毎日1回〜2回
    > ・外郎売りを2日に1回
    > ・あめんぼあかいな を1日5回〜6回 やってます。

    > いつもブログ読ませて頂いてます。
    > このブログによって、心を支えてもらってます。 ありがとうございます。

    ==========================================


    > 井上順さんなのですが、あの方はタバコを吸われるのに、
    > パーンと上に伸びるような、見事な頬のライン。驚きですね。
    > 接客業をしている私でも、64歳くらいの女性であれほどの
    > 頬の上がり具合のお客さんって ほとんど見ません。

    > 喫煙者でありながら、あの上がり具合は怪物です。
    > 井上順さんは表情筋の休息を考えつつも、
    > よほどハードな表情筋トレーニングを積まれているんだと予想できます。

    > 朝のTVメイン司会者として有名な薬丸裕英さんも、
    > きっと表情筋トレーニングを実践されていると予想します。
    > 45歳にしては若い・・・というよりも、まるで少年じゃないですか彼。
    > むくみも無ければ、脂ぎった赤みもないですよね。

    > 目尻に小じわがありますが、それも全然気にならないのは
    > やはり顔のパーツ全てが斜め上を向き、
    > そしてむくみも全く無いからだと思います。
     
    > おそらく美食とは ほど遠い生活をされているのだと思います。
    > 食に関してはストイックで禁欲的でなければ、
    > あのボーイッシュな姿は維持できないと予想します。

    > おきゃんままご指摘の関根勤さんですが
    > 大学の講義に混ざっていても、少し離れて見れば、
    > 「2浪した、フケ顔の学生さん」程度にしか見えないと感じます。
    > 関根さんもトレーニングをきっちり真面目に実行されていると思いました。
    > しかし、ややむくみがあり、食費を削れば(笑)もっと若くなりそうですね。

    > ところでおきゃんままさんは、
    > たぶん営業まわり的なお仕事をされていると思うんですけど、
    > 仕事後に、たま〜に同僚など、
    > あるいはご主人や友人から外食に誘われませんか?

    > たとえばそんな夜に焼肉やオムライス、ミートスパなど食べれば・・
    > そう思うと、私は怖くて外食ができません。
    > 一食でもレストランで食べれば
    > とたんにお腹にぜい肉がつき、落とすのに大変です。

    > 2ヶ月で4キロ、ウエストは7cm痩せました。
    > もちろん頬も痩せますから、だいぶ見かけが変わりました。
    > どうやってそこまで痩せたかと言いますと、

    > 朝・・ごはんを茶碗に2杯。
    >  漬物・豆腐(おろししょうがをたっぷりかける)・赤貝の缶詰を少々

    > 昼・・ざるそば(わさびも乗せるが、おろししょうがをアホほどかける)
    >  ・納豆・低脂肪乳・おにぎり1個
    >  3時のおやつはバナナ。

    > 夜・・ごはんを茶碗に1杯・ニシンの缶詰又は、さばの缶詰・普通大のトマト1個

    > もちろん毎日同じメニューじゃないですが、
    > だいたい上記みたいなメニューです。
    > 飲み物は、結石体質という理由で、ウラジロガシ茶を一日中飲みます。

    > 運動は、腕立て60回・腹筋150回を毎日やります。
    > (いっぺんにその数やるのではなく、
        朝から夜にかけて 分けてやってます)
     
    > もっとスリムになりたいのですが、
    > 友人、知人から外食に誘われた時、
    > どんなメニューを注文し、どんな風に食べれば良いか・・
    > を実践すれば太りにくいか、ママの方法を教えて下さい ^ ^

    > 私も、早く人間に・・じゃない、ママみたいなクビレになりたーい。
    > よろしくお願いします。

      続きを読む

    Posted by tarrumi at 2011年08月05日│07:12
    2011年05月22日

    「糖化」が諸悪の根源だった!〜三角食べ▲はどうなる?

    ● 「糖化」が諸悪の根源だった!〜三角食べ▲はどうなる?

    こんにちは。おきゃんママでございます。

    5月18日放送のNHK「ためしてガッテン」。
    観られました?


    最新の研究で、

    老化は、AGE…Advanced・Glycation・End-products
    (終末糖化産物)
    という物質が引き起こしている

    ということが分かったという。


    年齢重ねると、シワやくすみが顔に発生しますが、

    それ以外にも
    骨粗鬆症(こつそしょうしょう)、白内障、動脈硬化、認知症など
    老化は全身に及んできます。

    その原因は

    AGEだ

    これが諸悪の根源だ

    というもの。

    AGEをコントロールすると
    老化防止(アンチエイジング)ができるというんですね。

      続きを読む
    Posted by tarrumi at 2011年05月22日│09:13
    2011年05月02日

    栄養面から「たるみ」にアプローチする!

    ● 栄養面から「たるみ」にアプローチする!

    こんにちは。おきゃんママでございます。

    現在、ブログでは
    メンタル面など精神面の記事も多くなっておりますが、
    こういうものも「たるみ改善」にははずせないんですね。


    たるみを取りたい!若返りたい!キレイになりたい!

    塾生さんのその気持ちは痛いほど分かります。

    だってわたくしも、キレイでいたい、そう思いますから。


    内面と外面、トータルで若返る。

    その源になるのが栄養です。


    春になると、自然は一気に活動し始めますが、
    寒暖の変化で心身のバランスを崩しやすく、
    眠くなったり、体がだるくなったりする人が増えてきます。

    その理由のひとつに
    エネルギーを作り出す糖質の代謝に不可欠なビタミンB1など
    ビタミン類の不足があげられます。

    栄養が不足すると、肌ツヤは一気に失われることになります。
    これは本当に顕著にあらわれます。

    緑黄色野菜や豆腐など
    ビタミン類が多く含まれる食品を食べるよう心がけてくださいね。


    見た目若々しい肌に必要不可欠な「肌の弾力」についてですが、

    『真皮を構成するコラーゲンやエラスチンの質・量が肌の弾力を決める』

    ということは、
    女磨き塾塾生はよくご存知ですね。


    昔の美容専門書には

    「コラーゲンやエラスチンは、成長期の間は合成されて
    成長が止まると合成も止まり、
    その時から貯金を下ろすように減っていく」

    のようなことが書かれていたが、

    近年の研究では、

    「線維芽細胞が紫外線でダメージを受けたり老化してくると、
    若い頃のように弾力性のあるコラーゲンやエラスチンを
    つくることが出来なくなる。」

    ということであって、
    合成が止まる、ということではない、と分かっております。


    線維芽細胞ってなんだ?ということですが
    それについてはこちらの記事で詳しく書いています。

    たるまない肌作りに関係する線維芽細胞とは?

      続きを読む
    Posted by tarrumi at 2011年05月02日│22:38
    2011年01月09日

    アラフォーに必須は血管を守る生活だ!

    ● アラフォーに必須は血管を守る生活だ!

    こんにちは。おきゃんママでございます。

    『血液サラサラ』は、健康のための
    1つのキーワードとしてブームのようになっておりますね。


    少々聞き飽きた感があるが、本当に大切なことは、
    氾濫する情報に流されず、自分の体質に合った生活習慣や
    食事のスタイルを確立していくことでございます。


    血液がドロドロになる原因は
    冷えやストレス、水分不足、貧血、老廃物の蓄積など
    人によってさまざま。

    自分の血液がドロドロしているかサラサラしているか?

    なんて
    通常の生活では意識して暮らすことはないが、

    不摂生な生活が続いたり水分をあまり摂っていないな、と
    感じるときは、
    たいがい「血液はドロドロしている」と思った方がいい。

    一時的なものなら問題ないが
    この状態が続くと動脈硬化など血管の病気を引き起こすことがある。

      続きを読む
    Posted by tarrumi at 2011年01月09日│08:39
    2010年12月14日

    レタスを食べると眠くなる・・・「目から”ウロコ”シリーズ」

    ● レタスを食べると眠くなる~「目から”ウロコ”シリーズ」

    こんにちは。おきゃんママでございます。

    レタスを食べれば眠くなる


    なんだよ、また「たるみ」に関係ない話かよ。
    おきゃんママ、たるみ改善の話しろよ
    レタスそんなんのカンケーネーよ。

    ・・・とまぁこのようなお下品な話し方をされる塾生さんはおられませんが・・・


    睡眠

    これは美肌づくり、
    ひいては「たるみ改善」にとても大切となります。

    若返りたい たるみを改善したい

    という思いは強くても

    昼夜逆転の生活をしていたり、疲労を溜め込んでいたり
    またタバコがどうしても止められなかったり。

    コーヒーの飲みすぎで胃を荒らしてみたり、
    栄養、とくに野菜や果物をあまり摂れていなかったり・・・

    そのようなことが生活習慣にあれば、
    やはり若返りにはほど遠くなってしまうでしょう。

      続きを読む
    Posted by tarrumi at 2010年12月14日│07:53
    2010年12月09日

    骨粗鬆症(こつそしょうしょう)を防ぐには『今』が大事だ!

    ● 骨粗鬆症(こつそしょうしょう)を防ぐには『今』が大事だ!

    こんにちは。おきゃんママでございます。

    年齢重ねてもさっそうと歩き、姿勢が綺麗な女性は
    それだけで若くて素敵ですね。


    しかしながら、
    さっそうと歩くには、丈夫な足腰が必要。
    そして綺麗な姿勢を保つには、これまた丈夫な背骨が必要。

    そうでございます。
    女性は『骨』がとっても大事。


    骨粗鬆症(こつそしょうしょう)とは、
    骨の骨量が減少し、骨がもろくなる病気であります。

    骨の中が軽石のようにすき間だらけとなるため、
    転んだだけでも簡単に骨折してしまう。


    骨中のカルシウム量は、誰もが20代から30代をピークに
    年をとるにしたがって減ってまいります。

    骨粗鬆症は、この骨の老化現象が進みすぎて起こるもので
    別に新しい病気ではない。
    平均寿命が延び長生きする人が増えたため、
    患者数が増えるという皮肉な結果となっております。


    骨粗鬆症になる割合は、圧倒的に女性の方が多く、
    65歳以上の女性の約半数、
    80歳以上で男性の約半数が骨粗鬆症で、

    全体では65歳以上の3人に1人
    この病気になっていると言われております。

      続きを読む
    Posted by tarrumi at 2010年12月09日│07:27
    2010年11月29日

    油っこいものを食べると肌は脂っぽくなるのか?

    ● 油っこいものを食べると肌は脂っぽくなるのか?

    こんにちは。おきゃんママでございます。

    青春時代に「にきび」に悩まされた方は多いと思います。


    その当時はとにかく皮脂が敵

    どうすれば、このあふれ出る皮脂を減らせるのか。
    どうすれば、興奮してカッカしている皮脂腺くんを鎮静化させることができるのか・・・

    わたくしはそのようなことばかり考えておりました。

      続きを読む
    Posted by tarrumi at 2010年11月29日│22:44
    2010年11月14日

    秋・・・キノコの食物繊維は便秘解消に良い

    ● 秋・・・キノコの食物繊維は便秘解消に良い

    こんにちは。おきゃんママでございます。

    朝から「便秘」がどうこう言って恐縮なんですが・・・

    先日、便秘をすると肌アレする。この常識の「なぜ?」
    という記事を書いたもので、便秘つながりで。


    やっぱりですね〜 便秘している状態、というのは、
    気分的にもあまりいいものではない。

    古いものを溜め込む、というのは、基本的に体にとっては
    すべてにおいてよく無かったする。


    ちなみにわたくしの場合、

    「ヨーグルトとグラノラ」

    これが効く

    グラノラは、カルビーやケロッグなど色々あるが、
    わたくしはコープブランドなど、ちょっとばかり安いもので(笑)。
    目的が達成されればいいんだから、ケロッグでなくてもいいんですよね。
    (グラノラは毎日となるとちょっとお高いんであります(´ω`*))


    塾生さまも「困った」時の

    「これをやったら絶対効く

    というものを一つでも持っていたら安心ですね。

    できるだけ便秘薬に頼らない自然なお通じを心がけたいものであります。

      続きを読む
    Posted by tarrumi at 2010年11月14日│06:45
    2010年11月10日

    便秘をすると肌アレする。この常識の「なぜ?」

    ● 便秘をすると肌アレする。この常識の「なぜ?」

    こんにちは。おきゃんママでございます。

    肌を美しく保つために「便秘はいけない」とよく言われております。


    便秘=肌アレ

    この図式が頭に刷り込まれている女性は多いかと思います。


    実際、長い間排便がなくて、肌に吹き出物ができたり
    カサカサしてツヤが無くなったり・・・

    こういう経験をすると、

    「なるほど、やっぱり美肌のために便秘は大敵なんだな」

    と体験から理解できる。



    しかし・・・・


    なんで 


    どうして、便秘すると肌アレをするのか

    腸に溜まった便が、なにか悪さをする、というのか

      続きを読む
    Posted by tarrumi at 2010年11月10日│08:52
    2010年09月06日

    お肉をたくさん食べると免疫力は上がるのか?

    ● お肉をたくさん食べると免疫力は上がるのか?

    こんにちは。おきゃんママでございます。

    ここ最近、ブログでは
    「免疫力を上げる」をテーマに記事を書いております。

    なぜなら、
    免疫力イコール若さを維持する力!と言えるから。

    では、免疫力を上げるには、どんな食品を食べればよいのでしょう。

      続きを読む
    Posted by tarrumi at 2010年09月06日│20:25


    ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
    ★ おきゃんママ流 たるみ改善3大セオリー とは?

    ■ 顔の重心を上部に上げる → たるみ改善プログラム(顔ダンス) のトレーニング実践 
    ■ その引き上げを維持する → 真皮のコラーゲン補強(愛用コラーゲンについて) 
    ■ 毛穴を引き締め、斜め毛穴による皮膚の下流れを防ぐ → 無添加化粧品でケミカル断ち 

    加藤ひとみプロデュース コスメ 【Selif(セリフ)】

    愛用品リスト」はコチラ

    若見え専門サイト 「若見えラボ」はこちら


    <効果をもっと実感したい方のためのレッスン> 

    講師 加藤ひとみの各種レッスン予定はこちらから

    ゆっくり相談できると好評を頂いています。悩みの深い方にお勧め。
    個人レッスンに近い少人数レッスン(1クラス3名限定)


    ● 地域からレッスンを探す

    ?どのレッスンが自分に合っているか分からない方はコチラ

    → 自分に合ったレッスンを探す

    ★自宅にいながらプログラムを学べる!通信コース開講しました
    「たるみ改善!顔ダンス」通信コース 詳細はこちら

     注目→ たるみをどうやって取るのか? 
     フェイスリフト術をやめたワケ 
     画像で追う 顔の変化 更新中♪
     塾生さん☆喜びの声・効果報告 

    <プロを目指す方>
    インストラクターとして活躍するために、『セルフリフティングの技術や知識』をしっかりと身につけるための講座を開設しております。
    プロ養成講座はこちら 
    プロ養成 通信コースはこちら

     女磨き塾プレミアム会員〜毎月レッスン動画をお届けします



    ***********


    ●会場別でレッスンを探す
    北海道北海道  東北青森/岩手/宮城/秋田/山形/福島
    関東   |東京/茨城/栃木/群馬/埼玉/千葉/神奈川
    北陸   |富山/石川/福井  甲信越新潟/山梨/長野
    東海   |岐阜/静岡/愛知/三重   関西滋賀/京都/大阪/兵庫/奈良/和歌山
    中四国鳥取/島根/岡山/広島/山口/徳島/香川/愛媛/高知
    九州   |福岡/佐賀/長崎/熊本/大分/宮崎/鹿児島
    沖縄   |沖縄  海外アメリカ/中国/韓国/シンガポール/その他の海外

    ?どのレッスンが自分に合っているか分からない方はコチラ
    自分に合ったレッスンを探す




    管理人プロフィール
    おきゃんママ ヒストリー
    38歳

    38歳 必死に若作りしてタルミを隠していた頃。上まぶたとほうれいの影が気になり 始めた。



    46歳

    46歳 ケミカル断ちコラーゲン
    たるみ改善!顔ダンスを始めてからは
    ほとんどスッピンで出勤している。



    46歳

    48歳 セミヌード(汗) 39歳の頃より
    4kg減って身長165・体重49kgを維持
    これはデトックスしているおかげ。


    カラダを美しく保つための必需品

    画像で追う 顔の変化 更新中♪


    大人気!おきゃんママの本
    大人気!おきゃんママの本
    基本レッスン3種類・顔ダンス動画が月替わりで届きます。
    合成界面活性剤・合成ポリマー・シリコン・パラベン・合成香料・着色料・紫外線吸収剤 完全無配合肌バリアを壊さないコスメ(おきゃんママプロデュース)
    肌バリアを壊さないコスメ(おきゃんママプロデュース)
    たるみ改善 無料レポート
    たるみ改善プログラム
    若見えラボ
    若見えラボ
    たるみ改善!顔ダンス
    アイコン はじめに。(「顔ダンス」実践前に必ず読んでください)

    アイコン 概要と注意事項

    アイコン 基礎編
    アイコン ベーストレーニング

    アイコン あえいうえおあお

    アイコン中級編
    アイコン ベーストレーニング

    アイコン 五十音の歌
    アイコン 洗顔時のケア

    アイコン上級編
    アイコン ベーストレーニング

    アイコン 外郎売
    アイコン 洗顔時のケア

    アイコン オプション


    アイコン イベント前の集中レッスン


    アンチエイジング最新記事
    記事検索
    livedoor Blog