livedoor Blog
(ブログ) ライフスタイル・暮らし(総合) - ライフスタイル・暮らし  ]        
livedoorlivedoor ホーム

目の下のたるみも解消!整形しないで若返る「たるみ改善プログラム」塾:アンチエイジングな食生活・栄養

このページは アンチエイジングな食生活・栄養 についてまとめています。


トップページ > アンチエイジングな食生活・栄養

アンチエイジングな食生活・栄養カテゴリー記事一覧(新着順)

  • 朝一番のロージュースで美肌をつくる方法
  • 肌に悩む人が食事の美肌習慣をつくる3つの工夫
  • 糖質制限ダイエットは危険?
  • 朝の元気の源「ロージュース」追記
  • 朝はやっぱり、ロージュース♪
  • 「ヴォーグ」〜やせすぎモデルは起用しない
  • 若返り成分レスベラトロール☆飲み過ぎ注意
  • 牛乳は動脈硬化のリスクを高める?
  • 男性塾生さんから 美に対する熱い想いのメールをいただきました
  • 「糖化」が諸悪の根源だった!〜三角食べ▲はどうなる?
  • 2016年06月20日

    朝一番のロージュースで美肌をつくる方法

    ● 朝一番のロージュースで美肌をつくる方法

    こんにちは。おきゃんママこと加藤ひとみです。

    今日は、わたくしが本当に美肌つくりに良いと実感している
    ロージュースの作り方をお伝えします。

    どうしてロージュースを飲むようになったのか?ですが

    東京でレッスンをすることが増え
    必然的にそのまま継続して東京に滞在することが多くなったことが大きい。

    もっとも困るのは食事、
    健康でないと肌を美しくすることなんてできないのですが

    でもきちんと料理が出来ない状況なので
    色々考えた末、では、ロージュースをやってみよう!と。

    ・朝のロージュース

    とともに、夜の食事はシリコンスチーマー料理で。


    朝のロージュースは、野菜と果物
    夜は電子レンジさえあればできる

    どれもザクザク切って機械や容器に投入するだけ

    どちらも準備から後片付けまで20分程度

    ロージュースは朝早く出かける時でも
    ちゃんと飲んでます。

    それには理由がある。

    それは、飲んだときとそうでない時の元気の出方が全然違う、から。

    この違いは、飲んでいる人はよくわかると思います。

    しかし、いくら20分ですべて終わるといっても
    それでもジューサーを分解して片付けるのは正直大変。

    朝早い仕事があるときはなおさら
    今日は市販の「野菜一日これ一本」で済ませようかな。。。なんて思えたりする。

    でも、「野菜一日」で済ませたときとロージュースを飲んだ時は
    明らかに、1日を通して体の状態が違う!

    めんどくさくて「野菜一日」を飲んだときは、
    あとになっていつも後悔する。

    めんどくさくてもちゃんとやれば良かった・・・
    と午後になって後悔しても遅い。

    朝1番の食事を何にするかによって、
    1日の体調が変わると本当に実感しています。

    今までロージュースのやり方など色々書いてきたが
    Facebookの投稿で「今朝のロージュース」が日課のようになったので
    今日はブログで1記事にまとめてみましたました。

    ジューサーはこれ。

    12b5

    ヒューロムスロージューサー

    色んな機種がありますが、これは、3年前に購入した
    HU-400。デザインは良いのだが
    その前に購入したもの(品番は忘れた)ものより
    ジュースの出る口のでっぱりが短い。

    そのため、こんなことになる恐れがある^^;

    20f1

    本来は、付属のカップを使うのが正しい。

    20f2

    洗い物は出来るだけ減らしたいため
    コップに直に注ごうと思ったがたまにこんなことになる。

    下のマットやテーブルが大変なことになって
    かえって掃除の手間が増えることがある^^;

      続きを読む

    Posted by tarrumi at 2016年06月20日│11:05
    2016年05月12日

    肌に悩む人が食事の美肌習慣をつくる3つの工夫

    ● 肌に悩む人が食事の美肌習慣をつくる3つの工夫

    こんにちは。おきゃんママこと加藤ひとみです。

    美しく健康にいたい、でも食べたいものは別にある。
    果たしてこれは食べても良いものだろうか?

    欲望と美肌のはざまで(笑)悩み苦しむ乙女心・・なんですよね。


    わたくし自身、最近食事について聞かれることが多くなってきました。

    特に、食べることはストレスと密接に関連しており、
    健康な食生活と自分が食べたいものが一致していないこともある。

    特にストレス過多な人ほど、その傾向があるかと思います。


    わたくしごとですが、
    以前、チラッとお話ししたことがあるかと思いますが
    父親が重度の糖尿病で62歳で他界しております。

    父親の食生活、生活習慣は子供のころからよ〜く見てきており
    こうやったら太る、糖尿病になる!というのを
    身に染みて感じております。

    またわたくし自身も2型糖尿病の遺伝子を
    持ち合わせていると分かっておりますので、

    とにかく太らぬこと!には細心の注意を払ってまいりました。


    さて、今回のテーマの
    食事の美肌習慣をつくる3つの工夫。

    わたくし自身が試行錯誤しながら、やってきた方法、

    そしてようやくたどり着いた美肌の食事習慣を
    あますことなくお伝えいたします。


    やはり朝食、昼食、夕食

    この3つの工夫が必要です。

    まずはわたくしが今まで色々試したこと。


    ・朝食・・・ロージュースのみ

    ・朝食・・・プレーンヨーグルト250グラム+オールブランオリジナル&バナナ1本

    ・お昼抜き生活

    ・朝食と昼食抜き(なぐも式実践)

    ・朝食+昼食+夕食でとことん糖質ダイエット

    などなど・・・

    まぁこの中には体力がなくなって
    ふらふらになったものもございます。

    実際、命の危険すら感じたこともありますが、
    それでもですね
    何でも良いといわれるものは検証のため実践するのが
    わたくしのポリシーなのでございます。

    さて、試行錯誤しながら
    最高の美肌!になれると実感した美肌食事は・・・


    <朝食>

    ●ロージュース

    小松菜+リンゴ+レモン+しょうが、
    時々人参加えたりピーマン加えたりしますが、

    基本は上の4品。これは必ず守ってます。

    12b5

    6

    12b6

    ロージュースの具体的な作り方については、
    朝はやっぱりロージュース♪」を参考になさってください。


    ●ヨーグルト+オールブランオリジナル

    これはもう一言で言って、便秘防止です。

    便秘の人にはこれを絶対おすすめしたい。
    確実、いや、半確実に、翌日もしくは翌々日にスッキリ!しますゆえ。

    便秘薬なんて使っちゃだめですよ〜あれは習慣化します。

    その代わり、ヨーグルトは必ずプレーンで、
    250グラム(500グラム入りの半分)、

    そしてオールブランは甘くないオリジナルの方、そう鳥の餌みたいなやつです。

    昔、甘いグラノラとか大量に摂っていた時期がありますが
    やはり体重が増加し体が重くなりました。

    12b2


    前に1年くらいロージュースをやめて
    朝食をヨーグルトとグラノラやオールブランとバナナだけにしたことがあります。

    また東京に滞在することが多くなり、
    きちんと自炊が出来なくなったこともあり、

    外食や加工食品を多く摂ることになってしまったときもあります。

    そうしたら、出るわ出るわ体の不調。

    その不調についてはまた次の機会にしますね。


    <昼食>

    実は昼食は長い間、摂っていませんでした。

      続きを読む
    Posted by tarrumi at 2016年05月12日│11:28
    2016年02月16日

    糖質制限ダイエットは危険?

    ● 糖質制限ダイエットは危険?

    こんにちは。おきゃんママこと加藤ひとみです。

    糖質制限ダイエットが危険なのかどうか
    巷で色々言われています。

    先日の実践メルマガで、
    体が疲れているときは好きなものを食べよう
    というお話をしました。

    わたくしは取材で食生活について聞かれることが多いですが
    基本的に食べ過ぎないように気を付けています。

    ただし、徹底的な我慢の生活は性に合わないので
    食べたいものを基本的には食べています。

    ただありがたいことに、
    野菜と魚が大好きなので、
    食べたいものを食べると
    自然と健康的な食生活ができるようです。


    それとお酒ですね。
    以前は結構飲んでいたのですが、
    今は赤ワインを120mlのみ飲みます。

    この量はもっとも抗酸化の効果を享受でき
    なおかつ翌日に残らない、自分にとってのどんぴしゃりな量。

    酒量は気を付けないとどんどんと増えていきます。
    年齢的にもガッツリ飲める感じではなくなってきましたね。

    それとやはり甘いものが好きですね。
    糖化の観点ではあまりよくないですので
    こちらも食べ過ぎないように、が大前提です。


    わたくしは世に出る健康法というものを
    色々と試していますが、

    これはヤバい!と思ったのが

    「糖質をほぼ完全にカットする」食事法。

    1か月続けたところで、命の危険を感じました。

    油脂やタンパク質はいくらでも摂っても良い、という食事法。
    油で揚げたものも良い。肉もOK。
    高カロリーも問題なし。

    食べても食べてもどんどん痩せていきます。
    しかし同時に体力が奪われていきました。

    本当にこれは危険だと思ったのは
    1か月続けた頃、朝起きたときに
    目が見えづらくなっていたこと。

    見るものがかすんで見えるのです。


      続きを読む
    Posted by tarrumi at 2016年02月16日│08:56
    2014年07月23日

    朝の元気の源「ロージュース」追記

    ● 朝の元気の源「ロージュース」追記

    こんにちは。おきゃんママでございます。

    先日、朝食用の手作りジュースをご紹介した

    朝はやっぱり、ロージュース♪

    という記事に関する質問が多く届いています。

    今日の記事にてお答えさせていただきますね。


    石臼式低速ジューサーはなんと言う商品ですか?
    という質問をもっとも多くいただきました。

    わたくしが使用しているものは、
    ヒューロムスロージューサーというものです。

    現在、神戸と東京に住まいがありますが、
    どこにいても朝ロージュースを作ることが出来るよう
    両方の自宅にヒューロムスロージューサーを備えています。


    こだわり1


    確かに、使用後の掃除が面倒ではあるのですが、
    飲んだときとそうでない時は
    元気な出方が明らかに違うように感じます。

    朝からビタミンがたっぷりと摂れますね。

    高速ジューサーの場合は熱が発生して
    ビタミンや酵素が壊れる率が高いといいますから、
    この石臼式の材料をすりつぶすタイプはおすすめです。

    というか、栄養云々というより、
    元気が出る!というのがわたくしにはポイント高いです。


    また、
    「無農薬野菜を使うのですか?」
    という質問もありました。

    理想はもちろん無農薬野菜ですが、
    いつでも手軽に手に入れるのは難しいので、
    葉物はしっかりと洗う、根菜や果物は皮をむく、で対応しています。

    ただレモンに関しては、
    少々お高くても国産にこだわります。

    レモンは輸入物と国産物両方を置いているお店が結構あります。
    国産にしても、皮は必ずむいています。

    皮に栄養が!
    皮と実の境目こそ栄養の宝庫!
    というのは昔の話です。
    今は色々な面で、皮をむいて利用するのが基本だと考えています。


    あと気をつけていることは、
    使用後は出来るだけ早く分解して部品を洗うこと。

    洗ったあとはすぐに組み立てずに自然乾燥すること。

    つい掃除を後回しにしてしまいがちですが(面倒なので)
    時間がたてばたつほど不衛生ですので、

    作って飲んだらすぐ

    ※もちろん作った直後から酵素はどんどん壊れるので
    飲むのが先です(^^)

    間髪入れずに掃除をするようにしています。

    ここまで書くと、

    なんてめんどくさいんだ!と思われるかもしれませんが
    不調でお悩みの方は特に
    体に何かしらの良い変化を感じると思います。

      続きを読む
    Posted by tarrumi at 2014年07月23日│10:36
    2014年07月18日

    朝はやっぱり、ロージュース♪

    ● 朝はやっぱり、ロージュース♪

    こんにちは。おきゃんママでございます。

    長い間、朝食はロージュースと決めています。

    少し手間がかかりますが、
    飲んでいる時とそうでな時とでは
    体調も肌の調子も違うので、なんだかんだ続いています。


    通常のジューサーは高速で熱を発生するので
    生の野菜と果物の酵素が壊れてしまう。

    わたくしが使っているのは、
    低速の石臼式で、具材をすりつぶすタイプのジューサーです。

    これだと、野菜の栄養素、酵素が壊れず補給することができます。

    定番の材料はこれ↓

    j

    小松菜、リンゴ、レモン、しょうが、トマト


    j1

    グレープフルーツを加えることも


    j2

    パセリやキュウリなど、バリエーションで工夫を


    j3

    夏はスイカ、なんてことも・・・


    j4

    ニンジンもたまに使います。

    ただし、にんじんに関しては、
    私の経験上、ジュースで多く取り過ぎると
    肌が黄色くなるような気がします。

    ですので、ニンジンはたまにしか使いません。


    j5

    洗うときはアルカリイオン水で。
    粒子が細かいので汚れがよく落ちます。


    j6

    見るからに鮮やかで栄養がありそう


    作ったら出来るだけ早めに飲みます。

    空腹時に飲むのがポイント。
    パンなどを先に食べてしまうと、
    血糖値が一気に上がるため、よくありません。

    わたくしは、朝の空腹の状態で
    ロージュースをストローで飲みます。

    なぜストローか?
    歯への着色を防ぐためです。

    とはいっても
    夜のワインはストローで飲まないので
    たいして意味がありませんが(笑)


    ロージュースの後は、
    「ヨーグルトのきな粉かけ」を食べます。

    これが最高に美味しい!

    プレーンヨーグルトでもよいけど
    最近は、「明治プロビオLG21・低脂肪」がマイブーム。

    これでタンパク質も完璧。


    ロージュースを飲むと、
    直後から元気が出てきます。

    体中をすぐに巡って、カラダが清浄されていくような感じ。

    時間が無い時に
    「野菜一日これ一本」
    なんかで代用することがありますが

    その場合は、そんな感覚を得ることができないのです。

    酵素の力ってすごいなと思う。


    このジュース、時間がたつと茶色く変色します。
    ビタミン、酵素が壊れてしまいます。

    出来たらすぐに飲むのがお勧め。

    私は台所で一気のみ(ストローで・笑)します。

    めちゃめちゃ美味しいです。幸せ(^^)

      続きを読む
    Posted by tarrumi at 2014年07月18日│12:09
    2012年06月20日

    「ヴォーグ」〜やせすぎモデルは起用しない

    ● 「ヴォーグ」〜やせすぎモデルは起用しない

    こんにちは。おきゃんママでございます。

    ファッション誌『ヴォーグ』は、
    「モデルは細さより健康美」として、
    痩せすぎのモデルを紙面で起用しないと宣言しました。


    −・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−

    世界19の国と地域で発行されているファッション誌「ヴォーグ」が先月、「やせすぎのモデルは紙面で起用しない」と宣言し、話題となった。

    「やせすぎ」について数値の基準は示していないが、摂食障害のように見えるモデルや16歳未満のモデルは起用しない方針。

    不健康にやせたモデルを紙面に登場させると、読者が理想体型と誤解、無理なダイエットをしようとする恐れがあるからと説明する。
    今後は、女性の体形の理想イメージをより健康的なものにしていくという。

    日本版「ヴォーグ ジャパン」では、発売中の7月号でも、健康美のモデルを誇るモデルらの食習慣を紹介する特集を組んでいる。(2012年6月19日 読売新聞)


    −・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−


    img1

    VOGUE JAPAN 7月号



    昨日付の新聞記事によると、
    2006年の過去にもスペインのマドリードコレクションで、
    BMI18(身長175センチで体重55キロ程度)を下回るやせすぎモデルの
    ショーへの出演が禁止されたそうです。

    これは良いことですね。

      続きを読む
    Posted by tarrumi at 2012年06月20日│08:25
    2011年11月25日

    若返り成分レスベラトロール☆飲み過ぎ注意

    ● 若返り成分レスベラトロール☆飲み過ぎ注意

    こんにちは。おきゃんママでございます。

    突然ですが、みなさま飲酒の習慣はございますか?


    20代のころは、就職先での飲み会などでお酒を知り、
    「お酒を飲んで酔う」
    というより
    「雰囲気を楽しむ」
    ために飲むことが多いように思う。

    40代になると、緊張をほぐす、リラックスする、
    など、女性の場合は特に男性とは違い
    「付き合いのために無理して飲む」
    ということはないのではないか?と思う。

    なので、飲むことがとっても好き、な人と、
    全く飲まない、もしくは勧められたら少しだけ飲む、
    と。

    そんな感じで年齢重ねるごとに、
    お酒が大好物な人、
    まったく飲もうとは思わない人(体質に合わないなど)
    のように真っ二つに分かれるような気がします。

      続きを読む
    Posted by tarrumi at 2011年11月25日│08:02
    2011年09月15日

    牛乳は動脈硬化のリスクを高める?

    ● 牛乳は動脈硬化のリスクを高める?

    こんにちは。おきゃんママでございます。

    先日、骨と運動の関係について書きました


    では、骨を丈夫にするには
    どんな食事をすればよいのでしょうか?


    牛乳はカルシウムの多い食品としてよくあげられます。

    骨を育てるために牛乳をたくさん飲もう
    ということは、
    特にわたくしの年代は子供の頃から散々いわれておりましたね。

    牛乳=カルシウム=骨を丈夫にする=背が高くなる

    こんな感じですり込まれている人は多いかと思います。


    小学生のころ、牛乳を飲めない子供はたくさんいました。
    その頃の牛乳は今の牛乳のように美味しくなかったのですね。

    しかし、教師は、

    「こんなに栄養があるものを飲まないとはなんぞや

    と激怒し

    「牛乳を残すやつは、午後の授業で後ろに立っとけ

    ということになり

    「牛乳を残す人間は非国民

    とは言わないが、

    最後は

    「そんな奴は大きくはなれん

    と、子供が最も恐れるキメ台詞により、
    牛乳嫌いの児童は涙目にて終了。。。。。

    というのもよくある光景でございました。
    (昔はこんなことが普通にあった)

      続きを読む
    Posted by tarrumi at 2011年09月15日│07:47
    2011年08月05日

    男性塾生さんから 美に対する熱い想いのメールをいただきました

    ● 男性塾生さんから 美に対する熱い想いのメールをいただきました

    こんにちは。おきゃんママでございます。

    一般的に男性はあまり見た目を気にしません。


    いや、本当は気にしているけど

    「男が見た目を気にするのはなんぞや」

    ・・・と、あまり表にださない人が多いと感じます。
    そして結局は、女性ほどの努力をしない。


    女磨き塾には男性もおられますが
    その男性塾生さんの中で
    とても美容に研究熱心な方がおられます。

    女性にも参考になることが多いと思いますので
    2通のお便りを一部掲載させていただきますね。

    励みになる嬉しいこと
      および、
      7月4日のメールセミナー記事
      (こちらはブログに掲載していません)
      に対していただいた感想です。


    −・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−


    > おきゃんママのブログで、

    > >男性などは
    「これがオトコの貫禄や、文句あっか」
    とハゲても腹が出っ張っても顔がたるんでも
    開き直ることもできるが
    女はそうはいかないんであります。

    >  ↑
    > 男性の大多数
    > (たぶん85%以上の方がそうなっちゃうんですよね。 ~ . ~ ;)
     
    > で、男性はそのあとどうなるのか、(順不同ですよ)

    > 1.「定年退職後、離婚状を妻から突きつけられる
    > 2.「お父さんの後のお風呂には 入りたくない」と,娘・息子から言われる。
    > 3.「お父さんに触られたくない」と娘・息子から思われる。
    > 4.洗濯物は、お父さんの分だけ別に洗われる。

    > ・・ま、すべてのお父さんがそうではないですけれどね^ ^;
    >  けれども、2.と3.に当てはまる日本のお父さんは
    >  けっこう高いパーセンテージかな?と思います。

    >  上記が、 「これがオトコの貫禄や、文句あっか」 〜の
    > 結末ではないでしょうか?
    >  私はそれに納得できないんです。
     
    > ・「恋人にするなら、お父さんみたいな人」
    >  ↓
    > 日本の父親というものは
    > そう思われるくらいにならなきゃいけないと思います。
    > と言っても 私は独身ですので、関係ないかも知れませんが、
    > まあ、犬の遠吠えと思って、読んでくださいね ^ ^ ;

    > なぜ私がそういう事(男性の美意識)にこだわるのか?
    > おきゃんママのブログにこだわるのか?
    >  ↓
    > それはジェームス・ディーンなのです。
    > んん?話が急に・・どうしたんGさん? と言われそうですね。
     
    > 聞いて下さい、私が男性に対して、初めて嫉妬したのは、
    > ジェームス・ディーンの写真を見た瞬間でした。
    > 私がまだ小学校低学年だったと思います。
    > あの嫉妬感、まだ覚えていますよ。

    > そして中学に上がり、映画雑誌を買い、
    > ジェームス・ディーンのフォトを切り抜いて、
    > 部屋にたくさん貼っていたのを覚えています。

    > 今でも最高に親しみを覚える俳優です。
    > 彼はとても小柄ですし
    > (公称173cmは明らかに所属事務所のハッタリで、
    >  共演女優との身長差(女優のハイヒールの高さも計算)や
    >  他の多くの写真を分析すれば
    >  彼は167〜169cmの間である事が分かる)、
    > また俳優の中で最高にハンサムというわけでもありません。

    > ジミー以上にハンサムだった男優は確かにいます。
    > 古い人では、マーロン・ブランド、グレゴリー・ペック、
    > ポール・ニューマン、
    > 現代では、ミッキー・ローク、ブラッド・ピット、
    > トムクルーズ、エドワード・ファーロングなど。

    > しかしジェームス・ディーンだけ、”あの時のまま” ですよね?
    > 当たり前ですけど・・いつまで経っても老いない。
    > しかしそんな彼を目指してゆきたい。

    > 「老いない事」は不可能ですけど、
    > 美しく年をとってゆきたいものです。
    > ナイスミドルというだけでなく、少年性をもって。
    > それが長年のジェームス・ディーンのファンとして
    > 彼へのせめてもの敬意だと思います。

    > まだ結石のせいで腎臓が膨らんでおり、
    > そのために目の下のクマは存在してますが
    > 顔は垂れ下がりません。つるんとした輪郭ですよ。
     
    > 今は、
    > ・ベーストレーニングほぼすべてを毎日1回〜2回
    > ・外郎売りを2日に1回
    > ・あめんぼあかいな を1日5回〜6回 やってます。

    > いつもブログ読ませて頂いてます。
    > このブログによって、心を支えてもらってます。 ありがとうございます。

    ==========================================


    > 井上順さんなのですが、あの方はタバコを吸われるのに、
    > パーンと上に伸びるような、見事な頬のライン。驚きですね。
    > 接客業をしている私でも、64歳くらいの女性であれほどの
    > 頬の上がり具合のお客さんって ほとんど見ません。

    > 喫煙者でありながら、あの上がり具合は怪物です。
    > 井上順さんは表情筋の休息を考えつつも、
    > よほどハードな表情筋トレーニングを積まれているんだと予想できます。

    > 朝のTVメイン司会者として有名な薬丸裕英さんも、
    > きっと表情筋トレーニングを実践されていると予想します。
    > 45歳にしては若い・・・というよりも、まるで少年じゃないですか彼。
    > むくみも無ければ、脂ぎった赤みもないですよね。

    > 目尻に小じわがありますが、それも全然気にならないのは
    > やはり顔のパーツ全てが斜め上を向き、
    > そしてむくみも全く無いからだと思います。
     
    > おそらく美食とは ほど遠い生活をされているのだと思います。
    > 食に関してはストイックで禁欲的でなければ、
    > あのボーイッシュな姿は維持できないと予想します。

    > おきゃんままご指摘の関根勤さんですが
    > 大学の講義に混ざっていても、少し離れて見れば、
    > 「2浪した、フケ顔の学生さん」程度にしか見えないと感じます。
    > 関根さんもトレーニングをきっちり真面目に実行されていると思いました。
    > しかし、ややむくみがあり、食費を削れば(笑)もっと若くなりそうですね。

    > ところでおきゃんままさんは、
    > たぶん営業まわり的なお仕事をされていると思うんですけど、
    > 仕事後に、たま〜に同僚など、
    > あるいはご主人や友人から外食に誘われませんか?

    > たとえばそんな夜に焼肉やオムライス、ミートスパなど食べれば・・
    > そう思うと、私は怖くて外食ができません。
    > 一食でもレストランで食べれば
    > とたんにお腹にぜい肉がつき、落とすのに大変です。

    > 2ヶ月で4キロ、ウエストは7cm痩せました。
    > もちろん頬も痩せますから、だいぶ見かけが変わりました。
    > どうやってそこまで痩せたかと言いますと、

    > 朝・・ごはんを茶碗に2杯。
    >  漬物・豆腐(おろししょうがをたっぷりかける)・赤貝の缶詰を少々

    > 昼・・ざるそば(わさびも乗せるが、おろししょうがをアホほどかける)
    >  ・納豆・低脂肪乳・おにぎり1個
    >  3時のおやつはバナナ。

    > 夜・・ごはんを茶碗に1杯・ニシンの缶詰又は、さばの缶詰・普通大のトマト1個

    > もちろん毎日同じメニューじゃないですが、
    > だいたい上記みたいなメニューです。
    > 飲み物は、結石体質という理由で、ウラジロガシ茶を一日中飲みます。

    > 運動は、腕立て60回・腹筋150回を毎日やります。
    > (いっぺんにその数やるのではなく、
        朝から夜にかけて 分けてやってます)
     
    > もっとスリムになりたいのですが、
    > 友人、知人から外食に誘われた時、
    > どんなメニューを注文し、どんな風に食べれば良いか・・
    > を実践すれば太りにくいか、ママの方法を教えて下さい ^ ^

    > 私も、早く人間に・・じゃない、ママみたいなクビレになりたーい。
    > よろしくお願いします。

      続きを読む
    Posted by tarrumi at 2011年08月05日│07:12
    2011年05月22日

    「糖化」が諸悪の根源だった!〜三角食べ▲はどうなる?

    ● 「糖化」が諸悪の根源だった!〜三角食べ▲はどうなる?

    こんにちは。おきゃんママでございます。

    5月18日放送のNHK「ためしてガッテン」。
    観られました?


    最新の研究で、

    老化は、AGE…Advanced・Glycation・End-products
    (終末糖化産物)
    という物質が引き起こしている

    ということが分かったという。


    年齢重ねると、シワやくすみが顔に発生しますが、

    それ以外にも
    骨粗鬆症(こつそしょうしょう)、白内障、動脈硬化、認知症など
    老化は全身に及んできます。

    その原因は

    AGEだ

    これが諸悪の根源だ

    というもの。

    AGEをコントロールすると
    老化防止(アンチエイジング)ができるというんですね。

      続きを読む
    Posted by tarrumi at 2011年05月22日│09:13


    ★ おきゃんママ流 たるみ改善3大セオリー とは?

    ■ 顔の重心を上部に上げる → たるみ改善プログラム(顔ダンス) のトレーニング実践 
    ■ その引き上げを維持する → 真皮のコラーゲン補強(愛用コラーゲンについて
    ■ 毛穴を引き締め、斜め毛穴による皮膚の下流れを防ぐ → 無添加化粧品でケミカル断ち

    愛用品リスト」はコチラ

    効果をもっと実感したい方のためのレッスン

    加藤ひとみの直接レッスンはこちら

    <3名定員:少人数でしっかりマスター>
    個人レッスンに近い少人数レッスン(3名定員) 講師:加藤ひとみ

    <お悩み改善レッスン(初心者から中級者向け)>
    目の下のたるみ(目袋)
    フェイスラインのたるみ
    顔全体の老け感

    <基本から顔ダンスを完全マスター>
    若顔トータル基礎コース

    ★自宅にいながらプログラムを学べる!通信コース開講しました
    「たるみ改善!顔ダンス」通信コース 詳細はこちら

    注目→ たるみをどうやって取るのか? 
     フェイスリフト術をやめたワケ 
     画像で追う 顔の変化 更新中♪
     塾生さん☆喜びの声・効果報告

    <プロを目指す方>
    インストラクターとして活躍するために、『セルフリフティングの技術や知識』をしっかりと身につけるための講座を開設しております。
    プロ養成講座はこちら
    プロ養成 通信コースはこちら



    ***********


    ●会場別でレッスンを探す
    北海道北海道  東北青森/岩手/宮城/秋田/山形/福島
    関東   |東京/茨城/栃木/群馬/埼玉/千葉/神奈川
    北陸   |富山/石川/福井  甲信越新潟/山梨/長野
    東海   |岐阜/静岡/愛知/三重   関西滋賀/京都/大阪/兵庫/奈良/和歌山
    中四国鳥取/島根/岡山/広島/山口/徳島/香川/愛媛/高知
    九州   |福岡/佐賀/長崎/熊本/大分/宮崎/鹿児島
    沖縄   |沖縄  海外アメリカ/中国/韓国/シンガポール/その他の海外

    ?どのレッスンが自分に合っているか分からない方はコチラ
    自分に合ったレッスンを探す




    管理人プロフィール
    おきゃんママ ヒストリー
    38歳

    38歳 必死に若作りしてタルミを隠していた頃。上まぶたとほうれいの影が気になり 始めた。



    46歳

    46歳 ケミカル断ちコラーゲン
    たるみ改善!顔ダンスを始めてからは
    ほとんどスッピンで出勤している。



    46歳

    48歳 セミヌード(汗) 39歳の頃より
    4kg減って身長165・体重49kgを維持
    これはデトックスしているおかげ。


    カラダを美しく保つための必需品

    画像で追う 顔の変化 更新中♪


    大人気!おきゃんママの本
    大人気!おきゃんママの本
    基本レッスン3種類・顔ダンス動画が月替わりで届きます。
    ◆愛用品リスト◆
    たるみ改善 無料レポート
    たるみ改善プログラム
    若見えラボ
    若見えラボ
    たるみ改善!顔ダンス
    アイコン はじめに。(「顔ダンス」実践前に必ず読んでください)

    アイコン 概要と注意事項

    アイコン 基礎編
    アイコン ベーストレーニング

    アイコン あえいうえおあお

    アイコン中級編
    アイコン ベーストレーニング

    アイコン 五十音の歌
    アイコン 洗顔時のケア

    アイコン上級編
    アイコン ベーストレーニング

    アイコン 外郎売
    アイコン 洗顔時のケア

    アイコン オプション


    アイコン イベント前の集中レッスン


    アンチエイジング最新記事
    記事検索
    livedoor Blog