livedoor Blog
(ブログ) ライフスタイル・暮らし(総合) - ライフスタイル・暮らし  ]        
livedoorlivedoor ホーム

目の下のたるみも解消!整形しないで若返る「たるみ改善プログラム」塾:2018年10月

目の下のたるみも解消!整形しないで若返る「たるみ改善プログラム」塾 – 2018年10月の記事一覧


トップページ > 2018年10月

2018年10月の記事一覧

  • 筋力低下による上まぶたのたるみの解消法
  • 自分に自信を持つためには
  • 美肌はまずは食習慣から
  • ほうれい線のかげ キュッと上がった口角で魅力的な口元を作ろう
  • まずは簡単3ステップで若見え顔ダンス
  • たるみ改善!顔ダンス よくある質問まとめ
  • お肌の境目の30代からすべきこと
  • 朝と夜の習慣!フェイスラインを叩こう
  • 目の下のたるみを今すぐ解消できる方法
  • 若顔の成功は習慣化がミソ
  • 2018年10月31日

    筋力低下による上まぶたのたるみの解消法

    ● 筋力低下による上まぶたのたるみの解消法

    こんにちは。おきゃんママこと加藤ひとみです。

    昔は自慢のパッチリ二重まぶただったのに
    最近だんだん二重の幅が狭くなった

    なんだか眠そうな目になった

    視界が狭くなってきた・・・

    と年齢を重ねると悩む方が増えてきます。


    わたくしの場合は、視界の狭さでした。

    もともと大きくはない目が、30代後半にはさらに小さくなり。

    コンタクトレンズ(ハード)を中学生から使用していたこともあって
    常に目の乾燥に悩み
    目をこらすようにして生活していました。

    結婚してからはコンタクトレンズが面倒で眼鏡に変え、
    視力が悪いまま生活していた。

    当時は運転免許もなかったので、
    特に不便も感じなかった。

    しかし、これで無意識に目付きが悪くなっていたようで
    まぶたの下がりに拍車をかけていたようです。


    上まぶたのたるみには、
    視界の確保(矯正)と
    額の筋肉の強化が有効です。

    前頭筋(額の筋肉)は
    後頭部にある筋肉(後頭筋)とセットになって、
    ここを鍛えると頭部が引き締まり、顔の上半分を引き上げてくれます。

    数週間もすれば、視界が広くなったのが感じられるとともに、
    上まぶたの下がりが気にならなくなる方が多いです。

    実際のレッスンでも、1、2回行うだけで

    「目の開きが良くなった」
    「視界が広くなった」

    と効果を実感される方が多いです。

    ただし、これはあくまで一時的な効果。

    継続することで上まぶたの引き上がりが定着されるのです。

    19b


    顔の上半分の老化は比較的早く、30代から感じるようになります。

    目にまぶたが覆い被さってしまう前に
    早めに対策してまいりましょう。

    目をパッチリさせる方法


      続きを読む

    2018年10月30日

    自分に自信を持つためには

    ● 自分に自信を持つためには

    こんにちは。おきゃんママこと加藤ひとみです。

    自分に自信を持つことの重要性について。

    若くいるためには自信を持つことがとても重要。

    一番分かりやすいのが
    自信を持つだけで「目が輝く」ということでしょうか。

    反対に自信がなくなってしまうと、
    とたんに「目から輝き」を失う。または減る。


    女性の場合は
    一日のうちに自信を持ったり持てなかったり
    を繰り返すことが多いです。

    ようするに、
    朝は自信マンマン自分最高!な状態だったのに
    あることがきっかけで急速に自信がなくなった
    ということ。

    これ、どういうことかというと

    朝化粧をして髪型もバッチリ決めて、洋服も整えて
    鏡を見て気合いを入れる。
    「今日のワタシは美しい!」といざ出勤!

    しかし、
    通勤途中の電車の窓の自分をふと見て愕然として・・・

    気分は急降下。
    自信のない顔でとぼとぼ会社に向かう・・・

    こんなこともあるのです。
    心あたりがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

    そうなんです。

    自信がずっとあるわけでも
    自信がずっとないわけでもない!
    それが40代からの女性の特徴でもあるのです。


    しかし、自信を持った人が急に輝くのをわたくしたちは見ています。

    例えば、この人のように・・・


    だから、自信は持った方が絶対にお得


    でも、どうやってもなかなか自信が持てない・・・という方は
    まずは毎日、たるみ改善プログラムを実践してみてください。

    これは根拠があって、
    自信がない時というのは
    顔の筋肉が緩んでいることが多いからです。

    たるみ改善プログラムは無料でダウンロードできるし、
    実践版のたるみ改善プログラムもすべて公開しています。

    お金を出さなければ情報を得ることができない!
    というものは一つもないのです。


    50歳にもなると、女性ホルモンの減少も顕著になり
    気分が落ち込むこともあると思います。

    だから、トレーニングを積極的に行って
    まず自分の「保険」にする。

    習慣化していくだけで意識が変わります。
    自分に自信は持てないけど、
    とりあえずこれだけは一生懸命続けている。

    自信を持ったときと同じように
    顔の筋肉を鍛えてしっかりとハリがある。

    その自信を持つことです。

    結果、本当に自信がみなぎってくるのを実感するはずです。
    わたくしはそのような方を本当に沢山見てきました。


    f10
    〜顔のしなやかな筋肉が自信につながる〜


    *****


    ただえさえ年齢を重ねると「自分に自信がなくなる」方が多いです。

    レッスンを通じて色んな方と接するうちに
    そういう声を聞くことが多いです。

    まず自分の容姿の変化に自信がなくなる

    これは40代の方は誰でも経験していることです。

    年齢を重ねてますます自分が好きになった!
    という方もいるでしょうが、
    そういう人はまだ少数派です。

      続きを読む
    2018年10月29日

    美肌はまずは食習慣から

    ● 美肌はまずは食習慣から

    こんにちは。おきゃんママこと加藤ひとみです。

    肌トラブルが出来ると、ほとんどの方が化粧品で
    なんとかしようとされると思います。

    わたくしもそうでした。


    化粧品命

    化粧品こそ救世主女神さま


    しかし、
    人間の細胞を作っているのは、実際は食べ物

    内臓を作っているのも食べ物。

    内臓疾患、成人病の大元の要因は食物。
    誤った食習慣がほとんどの成人病を生みだします。


    肌に悩みがあるのに、
    化粧品だけに頼ってしまうというのは、

    糖尿病の治療を、
    暴飲暴食をしたまま薬だけで治そうとするようなものであります。


    特に40代に入ってからは、
    今までの食習慣が、体にも肌にもばっちり現われてまいりますので
    脱ケミカルなどの肌の手入れの見直しとともに
    食生活も見直していくことが必要です。

      続きを読む
    2018年10月28日

    ほうれい線のかげ キュッと上がった口角で魅力的な口元を作ろう

    ● ほうれい線のかげ キュッと上がった口角で魅力的な口元を作ろう

    こんにちは。おきゃんママこと加藤ひとみです。

    ほうれい線を気にされる方は多い。


    ほうれい線がでてきたから私は老けた。

    と、つい思ってしまいがちですが、正しくは、

    ほうれい線があるうえに口角が下がっていると老けて見える。


    これが正解でございます。


    ほうれい線は、
    笑顔を仕事とする、若いタレントさんや
    キャビンアテンダントさんたちにも普通にあるものです。

    しかし、いつも笑顔でいるので魅力的に見えるし老けてもみえないのです。


    口角を上げて頬が高い顔でいれば
    決してその人のことは老けてみえない。

    笑うとほうれい線がくいこむだから笑えない

    となると、悪循環に陥ってしまうのですね。


    先ほど

    「口角を上げて頬が高い顔でいれば
    決してその人のことは老けてみえない」

    と申しましたが、

    普段あまり笑わない人は
    笑顔を作っても口角が上がりにくくなってます。

    じゃぁど〜すればい〜のか〜〜〜??


    ここでは、口角を上げやすくするトレーニング
    をご紹介いたしましょう。

      続きを読む
    2018年10月27日

    まずは簡単3ステップで若見え顔ダンス

    ●まずは簡単3ステップで若見え顔ダンス

    こんにちは。おきゃんママこと加藤ひとみです。

    忙しいけど手軽に若返りたい!という方に
    おすすめな方法は、

    簡単3ステップの顔ダンス!!


    若見えの一番のポイントとなるフェイスラインを
    まず綺麗なラインに形状記憶し、

    ほうれい線の原因となる頬の横のたるみを
    上に引き上げる。

    頬の位置を若見えにとってベストな場所
    (目のすぐ下)まで上げることで
    目の下のたるみも目立たせなくなる。

    頬を上げることは、
    女性のお悩みナンバー1・2の
    目袋とほうれい線を一気に解消できることにつながります。


    そして口横のぶるぶるのたるみ肉を吸い込みトレーニング。

    顔にメリハリをつけるのです。


    ・フェイスライン
    ・頬の位置
    ・口横のたるみ肉



    これら3つを制覇すれば、
    素早く若く見える顔をデザインできるのです!!

    この3つのポイントを
    しっかりと押さえてくださいね^^

      続きを読む
    2018年10月26日

    たるみ改善!顔ダンス よくある質問まとめ

    ● たるみ改善!顔ダンス よくある質問まとめ

    こんにちは。おきゃんママこと加藤ひとみです。

    今日は、たるみ改善!顔ダンスレッスンで
    質問の多い項目をまとめてみました。

    たるみ改善!顔ダンスは、楽しみながら継続するうちに
    効果がどんどん表れてきます。

    分からなかったことをクリアにして、自信を持って実践しましょう。


    *****

    たるみ改善!顔ダンス
    ベーストレーニング11「目の周りのトレーニング

    Q:ウインクで目尻のシワが気になる

    A:ウィンクで目尻のシワが気になる時は、
    両手の人差し指を目尻に置いておこなってください。
    これでシワを寄せずトレーニングできます。


    Q:ウインクが片方できない

    A:出来ない方は両目をつぶって大丈夫です。

    出来る方はふつうのウインク

    できない方は両目をつぶる

    これを繰り返します。

    このトレーニングの目的は、
    眼輪筋のサイドを鍛えることなので、

    上記の方法で不安な場合は、両目の横に人差し指を置いて
    筋肉の動きを確認してみてください。


    Q:下瞼をあげるとどうしても額のシワが寄ってしまう

    A:目の周りを取り囲んでいる眼輪筋の下部分の引き上げです。

    このトレーニングは目の下のたるみ改善にとても効果的ですが
    最初は難しく感じることが多いです。

    慣れるとうまく上がるようになりますが
    眼輪筋より額の筋肉(前頭筋)が先に動いてしまう方もおられます。

    眼輪筋を引き上げる、という動きは普段しないので
    普段使われている筋肉が先に反応してしまうのが原因です。

    この場合は、額にシワができるので分かります。

    額の筋肉を使わないようにおこなうと
    目の下の引き上げが出来ないので
    慣れるまではこの形で良いです。

    ただ、額にシワを寄せたままだとシワが定着する恐れがあるので
    額に必ず指を置いておこなってください。

    このトレーニングに慣れて、眼輪筋がしっかりと鍛えられると
    額にシワを寄ることなく、下瞼が上がるようになります。


    *****

    たるみ改善!顔ダンス
    ベーストレーニング4番「目尻のシワと目袋を予防する

    Q:指を置く位置が分からない、シワが伸びない

    A:指を置く位置は、目尻からこめかみの中間地点です。

    そして軽く指を引き上げ、目の下にシワが無くなるのを鏡で確認しましょう。

    この方法でシワが伸びない場合は
    先ほどの位置にこだわらず、一番綺麗にシワが伸びる位置を
    指で探ってみてください。

    もっともシワが少なくなる位置で実践しましょう。

    ただし、皮膚を引っ張りすぎにご注意ください。


    *****

    たるみ改善!顔ダンス
    ベーストレーニング5「頬を高くする

    Q:5番を長い時間やっても頬がだるくならない

    A:このトレーニングを1分間続けても頬がだるくならない場合は、
    代用トレーニングで代行します。

    代用トレーニングは、必ず、思い切りの笑顔で実践します。

    5番も代用トレーニングも、頬を高くする効果は同じですが
    代用の場合、とにかく思いっきり笑う!というのが第一条件です。
    普通の笑顔では効果が出にくいのです。

    とはいえ、いきなり笑えといわれても・・・と思いますよね。

    その際は、あはは!と声を出してみてください。
    面白いことを巡らせながら「あはは!」と声を出す。

    面白いことが思いつかない場合も
    とりあえず「あはは!!」と声を出すと
    目の下にほっぺたがくっつく感じになります。

    その状態を維持しつつ

    「な〜の〜い〜う〜え〜お〜」

    と、口角をしっかり引き上げながら2分間繰り返します。

    b1debdf1

    口角の上げ方はこちらの画像を参考にしてください。

    2分後に頬がダルクなれば
    5番をせずに代用トレーニングのみでOKです。

      続きを読む
    2018年10月25日

    お肌の境目の30代からすべきこと

    ●お肌の境目の30代からすべきこと

    こんにちは。おきゃんママこと加藤ひとみです。

    シワやたるみは加齢による内的要因の他に、
    さまざまな要素が複合して発生いたします。


    加齢は誰でも不可抗力で避けようがありませんが
    その他の原因は、個人の努力で取りのぞくこともできそうでありますね。


    では、その他の原因っていったいなんでしょうか?


    ■ 紫外線

    堂々の第1位はやはり、紫外線でございます。

    紫外線は、真皮のコラーゲン線維の変性
    (コラーゲンの減少、コラーゲン同士の結びつきの増加)
    やエラスチン線維の余分な増加に拍車をかけます。


    え?増加?

    減少なら分かるけど、コラーゲン同士の結びつきの増加や
    エラスチンの増加がなぜ悪いの?
    いいことなんじゃない?と疑問もわいてきてしまいますね。


    実は、コラーゲン線維というのは
    化学的結合による架橋(橋かけ)によって
    分子と分子が結び合わされております。

    この橋かけは若くて健康な皮膚の場合は
    一定の間隔をあけて存在しているものですが、
    年齢を重ねると増加してくる傾向にある。


    適度な橋かけはコラーゲン線維をバラバラにしないで
    強度を保つという意味で重要な役割を果たすものなのですが、

    加齢により増えた橋かけの場合は、
    逆にコラーゲン線維の働きを阻害し、皮膚の硬化をまねく。
    これをコラーゲン線維の変性といいます。


    また、エラスチンは
    コラーゲン線維の網目の交点にあたる部分にあって、
    弾力線維というその名の通り弾力性に富み、
    伸び縮みの力の源になっている。

    エラスチンは規則的にカールしてコラーゲン線維に巻きついているもので、
    加齢とともに構造の乱れが現れる。
    また不要な弾力線維が過剰にできると、
    シワやたるみをより深くする方向へ引っ張ってしまう。

    ということで、なんでも増えればイイってもんじゃないってことですね。

      続きを読む
    2018年10月24日

    朝と夜の習慣!フェイスラインを叩こう

    ● 朝と夜の習慣!フェイスラインを叩こう

    こんにちは。おきゃんママこと加藤ひとみです。

    将来、いったい自分はどんな顔になるのか?

    将来のことは今は想像するしか出来ませんが、

    30代後半からわたくしが15年間やり続けてきたことの中で
    これは本当に効果があった!やってきて良かった!

    と思うことを今日はご紹介したいと思います。


    それは

    「フェイスラインを叩くこと!」



    なんじゃそれ〜と、拍子抜けしましたか?


    洗顔時のケア」は
    たるみ改善プログラムの中級編と上級編に入っていますね。

    洗顔時のケアといっても
    洗顔の後にフェイスラインを習慣で叩くだけなのですが

    これが絶大な効果があります

    もちろん、ベーストレーニングをしている、という前提ですが
    これをやるのとやらないのとでは
    フェイスラインの美しさは雲泥の差として表れます。

    若い頃は、
    顔の造作が整っているか整っていないで美しさの評価がされることが多いですが

    正直、ある年齢からそれはあまり重要ではなくなってくる。


    ぶっちゃけ

    顔がたるんでいるかいないか。


    もっといえば


    フェイスラインがシャープであるか、よどみがあるかないか。


    これで、美しさが判断されるのです。

    そう言い切ってしまってもいいくらいです。


    顔の下半分がどよんとすると、とたんに老け感が出ますね。

    フェイスライン上に余分なお肉を付けない、これは若見えの鉄則です。


    それを可能にするのが、洗顔時のケアのフェイスラインたたき

    やり方はとても簡単なのですが、
    朝晩の洗顔後の水がついた状態のままのとき
    フェイスラインを100回叩きます。

    軽くうつむいて行った方が効果的です。

    注意点は、アゴ骨に向かって強く叩かないこと。
    頸椎を痛めないよう、叩く方向は後ろから前が原則です。

    フェイスライン下のたるみを外にかき出すように
    親指下の膨らみを使って前方に叩いていきます。


    朝100回、夜100回

    1日で200回
    3日で600回

    1週間で1,400回
    1ヶ月で6,000回
    3ヶ月で18,000回

    半年で36,000回
    1年で72,000回

    3年で21万6000回です。

    10年で・・・なんと72万回


    10年間、フェイスラインを72万回たたいた人と
    1度もたたかなかった人・・・

    フェイスラインに差が出て当然ですね。

      続きを読む
    2018年10月23日

    目の下のたるみを今すぐ解消できる方法

    ● 目の下のたるみを今すぐ解消できる方法

    こんにちは。おきゃんママこと加藤ひとみです。

    目の下のたるみに悩まれる方は多いですね。

    目袋(目の下のたるみ)が気になるんです〜
    という方に、

    ちょっと笑ってみて下さい。
    その顔を鏡でみてください。

    とお話すると、

    「あ、目の下のたるみが消えた」
    「あ、気にならなくなった!」

    と驚かれます。

    そうです。目の下のたるみは笑顔でなくなるのです!
    真顔で強調されてしまうということですね。


    先日、

    「真顔禁止令」
    「口角力」

    のお話をしましたが、

    「口角力」を磨く

    自分では普通の顔をしているつもりなのに、
    なんとな〜く、怒り顔にみられたり。

    年齢を重ねると、どうしてもそうなってくる。

    先日ある番組で、小学生の授業風景が映っていましたが
    どの小学生も真剣で真顔です。

    でも「不機嫌」顔にはなぜか見えない。
    普通に「真剣な顔」なんです。

    ところがこれが、50代以上の女性の集会風景なんかになった場合、
    想像してみてください・・・

    なんとなく「怒った顔」の人がずらずら〜と。

    男の人なんかはもっとすごいかもしれない。
    今にも殴りかかりそうな顔で話を聞いていたりする。

    (真剣に聞いているだけなんですが)

    もうこればっかりは年齢によるもので仕方の無い範囲なんでしょうね。


    ですから、

    「口角力」を常に高めておくこと。

    心と顔を一致させる作業が「口角力」を磨くことともいえるでしょうか。
    その方が絶対お得だと思われます。


    2222b
    子供は真顔でも不機嫌顔にはならない

      続きを読む
    2018年10月22日

    若顔の成功は習慣化がミソ

    ● 若顔の成功は習慣化がミソ

    こんにちは。おきゃんママでこと加藤ひとみです。

    表情筋を鍛えることは、若顔つくりに必須ですね。

    普通の人は超人気な芸能人でも無い限り
    一日中笑顔で話していることはない。

    普通に生活している人は
    表情筋の約3割しか使っていないといわれています。

    その代表的な箇所が目周りの筋肉。

    「1日何回もまばたきしているから、使っている!」

    と思われるかもしれませんが、

    実は、この目をぐるりと取り囲む筋肉(眼輪筋:がんりんきん)は
    わたくしたちはほとんど動かしてはいないのです。


    ここでちょっと、両目の横に人差し指をたてに添えたまま、普通にまばたきをしてみてください。

    筋肉の動きが感じられますか?


    次は、指を添えたまま、交互にウインクしてみてください。

    指に感じる皮膚の動きはどうですか?
    普通のまばたきの時とは感覚が明らかに違いますね。

    眼輪筋がしっかりと動いているのが、指の感触で分かると思います。


    ベーストレーニング11「目の周りのトレーニング」は
    目の下(目袋ができる部分)と目の横の筋肉をしっかりと動かす運動です。

    目の下を上げることは、初めての人はなかなか簡単ではないと思います。

    眼輪筋は目の下も横も、
    普段ほとんど使ってない(トレーニングされていない)ということですね。

    ですから年齢にともなって、
    目の周囲が下垂するのは当たり前で自然の摂理なのです。


    表情筋トレーニングをしなければならない理由がちゃんとあるのですね^^

    目の周りのトレーニング


    *****

    老けるのは嫌、でもめんどくさいのはもっと嫌!

    という方に朗報です。

    人間はどんなことでも
    「2ヶ月間毎日続けていると習慣化される」
    といわれています。

    習慣化されるというのは
    やらなければ!と負担に思わなくても自然と出来ること。

    良い例が、歯磨き。
      続きを読む



    ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
    ★ おきゃんママ流 たるみ改善3大セオリー とは?

    ■ 顔の重心を上部に上げる → たるみ改善プログラム(顔ダンス) のトレーニング実践 
    ■ その引き上げを維持する → 真皮のコラーゲン補強(愛用コラーゲンについて) 
    ■ 毛穴を引き締め、斜め毛穴による皮膚の下流れを防ぐ → 無添加化粧品でケミカル断ち 

    加藤ひとみプロデュース コスメ 【Selif(セリフ)】

    愛用品リスト」はコチラ

    若見え専門サイト 「若見えラボ」はこちら


    <効果をもっと実感したい方のためのレッスン> 

    講師 加藤ひとみの各種レッスン予定はこちらから

    ゆっくり相談できると好評を頂いています。悩みの深い方にお勧め。
    個人レッスンに近い少人数レッスン(1クラス3名限定)


    ● 地域からレッスンを探す

    ?どのレッスンが自分に合っているか分からない方はコチラ

    → 自分に合ったレッスンを探す

    ★自宅にいながらプログラムを学べる!通信コース開講しました
    「たるみ改善!顔ダンス」通信コース 詳細はこちら

     注目→ たるみをどうやって取るのか? 
     フェイスリフト術をやめたワケ 
     画像で追う 顔の変化 更新中♪
     塾生さん☆喜びの声・効果報告 

    <プロを目指す方>
    インストラクターとして活躍するために、『セルフリフティングの技術や知識』をしっかりと身につけるための講座を開設しております。
    プロ養成講座はこちら 
    プロ養成 通信コースはこちら

     女磨き塾プレミアム会員〜毎月レッスン動画をお届けします



    ***********


    ●会場別でレッスンを探す
    北海道北海道  東北青森/岩手/宮城/秋田/山形/福島
    関東   |東京/茨城/栃木/群馬/埼玉/千葉/神奈川
    北陸   |富山/石川/福井  甲信越新潟/山梨/長野
    東海   |岐阜/静岡/愛知/三重   関西滋賀/京都/大阪/兵庫/奈良/和歌山
    中四国鳥取/島根/岡山/広島/山口/徳島/香川/愛媛/高知
    九州   |福岡/佐賀/長崎/熊本/大分/宮崎/鹿児島
    沖縄   |沖縄  海外アメリカ/中国/韓国/シンガポール/その他の海外

    ?どのレッスンが自分に合っているか分からない方はコチラ
    自分に合ったレッスンを探す



    管理人プロフィール

    おきゃんママ (加藤 ひとみ)

    日本セルフリフティング協会 代表理事
    たるみの無い美肌、若々しい表情と
    スレンダーなボディを極めるべく
    日々精進しております。
    加藤ひとみのプロフィール
    おきゃんママ ヒストリー
    38歳

    38歳 必死に若作りしてタルミを隠していた頃。上まぶたとほうれいの影が気になり 始めた。



    46歳

    46歳 ケミカル断ちコラーゲン
    たるみ改善!顔ダンスを始めてからは
    ほとんどスッピンで出勤している。



    46歳

    48歳 セミヌード(汗) 39歳の頃より
    4kg減って身長165・体重49kgを維持
    これはデトックスしているおかげ。


    カラダを美しく保つための必需品

    画像で追う 顔の変化 更新中♪


    大人気!おきゃんママの本
    大人気!おきゃんママの本
    基本レッスン3種類・顔ダンス動画が月替わりで届きます。
    合成界面活性剤・合成ポリマー・シリコン・パラベン・合成香料・着色料・紫外線吸収剤 完全無配合肌バリアを壊さないコスメ(おきゃんママプロデュース)

    肌バリアを壊さないスキンケア用品にはなかなか出会えません。4年の歳月をかけて開発したSelif(セリフ)は市販の「なんちゃって無添加」の商品とは全然違います。

    肌バリアを育むblog

    たるみ改善 無料レポート
    たるみ改善プログラム
    若見えラボ
    若見えラボ
    たるみ改善!顔ダンス
    アイコン はじめに。(「顔ダンス」実践前に必ず読んでください)

    アイコン 概要と注意事項

    アイコン 基礎編
    アイコン ベーストレーニング

    アイコン あえいうえおあお

    アイコン中級編
    アイコン ベーストレーニング

    アイコン 五十音の歌
    アイコン 洗顔時のケア

    アイコン上級編
    アイコン ベーストレーニング

    アイコン 外郎売
    アイコン 洗顔時のケア

    アイコン オプション


    アイコン イベント前の集中レッスン


    アンチエイジング最新記事
    記事検索
    アンチエイジングArchives
    livedoor Blog