livedoor Blog
(ブログ) ライフスタイル・暮らし(総合) - ライフスタイル・暮らし  ]        
livedoorlivedoor ホーム

目の下のたるみも解消!整形しないで若返る「たるみ改善プログラム」塾:2018年06月

目の下のたるみも解消!整形しないで若返る「たるみ改善プログラム」塾 – 2018年06月の記事一覧


トップページ > 2018年06月

2018年06月の記事一覧

  • 間違った若づくりにならない若さを目指そう
  • ”美”の習慣をみなおそう
  • 若見え肌は人からの評価より自分の感覚を大切に
  • 食べ物の油と肌の脂のカンケイ
  • 美しく年齢を重ねるために知っておいてほしいこと
  • 「ながら方法」で楽しく継続するコツ!
  • 顔の片側だけたるんでしまうというお悩み
  • 老けてみえないほうれい線
  • モチベーションの保ち方
  • 目の下のクマの2大原因と対処法
  • 2018年06月30日

    間違った若づくりにならない若さを目指そう

    ● 間違った若づくりにならない若さを目指そう

    こんにちは。おきゃんママこと加藤ひとみです。

    街でたまに目にかかるのが
    「やけに若づくりした夫人」


    夫人といっても、40代後半から50代だと思われる方が
    若々しいというより、若づくり感が際立ってしまっている。


    洋服はもちろん、メーク、髪型、持ち物
    そして表情も含めてすべて
    20代の若い子を意識してまとめておられる。


    だいたい大きく分けて2パターン

    ラブリーな感じを意識したラブリータイプと
    ギャル系を意識したと思われるギャルタイプ。

    みなさんも見られたことおありかもしれませんが
    ・・・はっきり申し上げて、これはかなり痛い。


    わたくしも若さを追求はしていますが、
    一歩間違えるとおちいってしまいがちな
    身も心も20代になりきったような感じにならないよう、
    注意しています。


    40代には40代なり、
    50代には50代なりの魅力や落ち着きは、
    絶対に大切にしたい。


    この魅力や落ち着きは20代では出せないものです。

    落ち着き=老けと思ってしまっている人が
    身も心も20代になりきってしまったりする。


    こういう人に対して、誰も
    「その若づくりは痛いですよ」
    とはとうてい言えず、

    逆に若い若いともてはやすので、
    「ワタシはやっぱりイケてるのね」ということになり、
    さらに「若づくり」に拍車がかかる。

      続きを読む

    Posted by tarrumi at 2018年06月30日08:00

    2018年06月29日

    ”美”の習慣をみなおそう

    ”美”の習慣をみなおそう

    こんにちは。おきゃんママでこと加藤ひとみです。

    日常生活で”美”のために工夫や努力されていること、
    みなさんそれぞれお持ちだと思います。

    1日は24時間。人に与えられた時間は平等です。

    起きて活動→ときどき食べて→寝る
    起きて活動→ときどき食べて→寝る

    これはみんな一緒。
    いや、私は食べないし寝ない、なんて人はいないでしょう。

    活動(仕事)の内容は人それぞれですが、

    起きて→ときどき食べて→寝る

    このサイクルはみなさん確実におこなってることですね。


    では、この中で”美”の工夫ができるものといえば

    ・起きる時間
    ・睡眠の質
    ・食事の質
    ・寝る時間
    ・隙間時間の「美容タイム」


    です。

    美容タイムとは、意識して行う運動、お肌の手入れ、など。
    お風呂の長風呂や半身浴も美容に効果的といわれてますね。

    しかし、美容に力を入れすぎると
    とにかくやることが一杯になってきます。

    あれをしてこれをして、
    あれを顔に塗って、これを体に塗ってマッサージして
    この運動をこの部位のためにして、あの運動でここを鍛え・・・

    と、やることがどんどん増える。

    化粧品も凝り出すと、
    ドレッサーの上に溢れんばかりのお手入れ品が並ぶ。
    イチからつけていくと時間がかかってしょうがない。

    マッサージ、パック、美容器など、
    通常のお手入以外にもしなければならないことがたくさんある。
    ひとつひとつこなしていくと
    積み重ねれば30分〜1時間鏡の前にいた、ということもざらにあったりする。

    誰かに「しろ」と命令されたわけではない。
    自分で決めたこと。
    真面目で几帳面な人ほど、頑張りすぎてしまう。

    お風呂に入ってあれをしなきゃ、と思えば
    お風呂の時間もどんどん長くなる。

    主婦はまず家事があるから
    家事以外に美容タイムを確保するには
    どうしても寝る時間を削ることにもなる。

    たっぷりの良質な睡眠は美容に欠かせないから
    本末転倒にもなりかねないですね。

      続きを読む
    Posted by tarrumi at 2018年06月29日08:00

    2018年06月28日

    若見え肌は人からの評価より自分の感覚を大切に

    ● 若見え肌は人からの評価より自分の感覚を大切に

    こんにちは。おきゃんママこと加藤ひとみです。

    いつまでも美しくありたいと願う女性にとって
    顔や表情を若く維持することはとても重要です。


    不思議なもので、
    自分自身で若くなった!変わった!と思ってても
    それでは納得しないのが女心。

    必ず、誰か第三者の評価の声を受けて初めて
    満足できる、そういうものだと思います。

    しかし、よほどのことがない限り、
    人ってなかなか褒めてはくれません。

    気づいてもあえて褒めてくれないこともあります。
    相手が同じ女性ならなおさら、です。

    だからトレーニングを始めても
    人の褒め言葉や評価を効果の目安にするのはやめましょう。

    あくまで自分の感覚を信じましょう。


    人はあまり褒めてくれないもの。

    逆に老けたね、とか言って反応を楽しむ人も
    (特にいじわるな旦那さんとか(笑))
    いることを忘れないでください。

    人が言う言葉ではなく、ご自身の判断が大切なのです。

    自分の顔は自分で管理して、若返らせる。
    人の評価は関係ないのです。

      続きを読む
    Posted by tarrumi at 2018年06月28日08:00

    2018年06月27日

    食べ物の油と肌の脂のカンケイ

    ● 食べ物の油と肌の脂のカンケイ

    こんにちは。おきゃんママこと加藤ひとみです。

    思春期時代に「にきび」に悩まされた方は多いと思います。


    当時はとにかく皮脂が大敵

    どうすれば、拭いても拭いても出てくる皮脂を減らせるのか。
    どうすれば、元気な皮脂腺くんを鎮静化させることができるのか・・・

    わたくしはそんなことばかり考えておりました。

      続きを読む
    Posted by tarrumi at 2018年06月27日08:00

    2018年06月26日

    美しく年齢を重ねるために知っておいてほしいこと

    ● 美しく年齢を重ねるために知っておいてほしいこと

    こんにちは。おきゃんママこと加藤ひとみです。

    アンチエイジングを考える上で、
    どうしても避けられない道、
    越えなければならない壁というものがあります。

    今回はそのへんのお話をしますね。

    このメルマガを読んで頂いている方は、
    今より若々しくなりたい、という方がほとんどだと思います。

    今の顔を若いまま維持したい、というより、
    今、老け感を感じている、もしくは
    悩んでいる部分がある、それをどうにかしたい

    というもの。

    たしかに、
    表情筋トレーニングをきちんと繰り返せば
    それなりに結果はついてきます。

    よっぽどひどい状態でない限り、
    今まで気にしていたものが気にならなくなった、という方は多いです。

    他にも、写真うつりがよくなったとか、
    人から綺麗になったと言われたとか、
    そういう人は多くいます。

    ただ、どんな若返り方も、継続が大事です。
    確かに継続が大切ですが、
    しかしその若返り方は永遠でもない、ということです。


    実年齢より若く見える状態は、
    努力を続ける限り、間違いなく続きます。

    やってない人、継続した人、これは大きく差がついてくる、
    と声を大にして断言できます。

    しかし、例えば今40歳の人が
    このままトレーニングを続けて80歳になっても40歳の顔を維持できるか?

    となると、

    これは残念ながら、100%あり得ない話なのです。

    というか、そんな人がいたら気持ち悪い。

    究極の若返り方法といわれるフェイスリフトだって、
    40歳で引き上げたとしても、その顔を
    80歳まで維持したままにできるか?というと、

    それも100%ない。

    どんなに良いと言われるようなことでも、
    そこには必ず自然界での限界というものがあり、

    それに向き合わなければならない時が必ず来ます。

      続きを読む
    Posted by tarrumi at 2018年06月26日08:00

    2018年06月25日

    「ながら方法」で楽しく継続するコツ!

    ● 「ながら方法」で楽しく継続するコツ!

    こんにちは。おきゃんママこと加藤ひとみです。

    たるみ改善プログラムは、
    1回実践しただけでたるみが即解決するような
    魔法のプログラムではありません。

    しかしきちんと行えば
    必ず若返りを実感できるメソッドです。

    たくさんの実践者がいらっしゃいますが、
    わたくしが知っている限り、
    「余計老けてしまった」「余計たるみが進んだ」という人は
    見たことありません。

    ただし、正しい方法で行い、
    きちんと継続すれば、という条件付きです。


    とはいっても、わたくしたち年代は本当に忙しい。

    ひまな時間、すきま時間を見つけてやろう、と思っても、
    そんな時間がなかなかなかったりしませんか?。

    家事、仕事、子供の世話、夫の世話、
    親世代の家族の介護がある場合もあります。

    子供の勉強を見てやったり、

    学校や習い事の送り迎え、 ←これけっこう大変。。。

    クラブ、地域の役員になることもあるでしょう。


    それ以外にも、その他用事、美容の時間も必要でしょう。

    なので、落ち着いたら
    「ゆっくり体を休めたい」のが本心だと思います。

    わたくしもそうです。気持ちが痛いほど分かります。

    しかし、
    プログラムは毎日続けることが
    絶対条件なので、

    じゃぁ、続けられるにはどうしたらよいか?
    ということを
    考えておかなければなりません。

    でないと、最初は頑張れたのに
    途中でめんどうくさくなってやめてしまう危険性があります。

    途中でやめる・・・
    これはたるみ改善の機会を逸した、といえる
    とてももったいない行為です。


    なんでも継続するためには条件があって、

    ●楽しいこと ←顔ダンスで解決

    ●これをやらなければ不都合になること。←歯磨きなど。

    やらなければ即、虫歯や歯槽膿漏につながりますよね。

    表情筋トレーニングも、
    やらなければ翌日顔のたるみ感がでてしまいます。

    これは不都合ですね。


      続きを読む
    Posted by tarrumi at 2018年06月25日08:00

    2018年06月24日

    顔の片側だけたるんでしまうというお悩み

    ●顔の片側だけたるんでしまうというお悩み

    こんにちは。おきゃんママこと加藤ひとみです。

    「顔の片側だけたるんでしまうんです。。。」

    とレッスンで相談される方がいます。


    実は、顔は基本的に非対称が当たり前。
    左右の顔が全く同じということはまずあり得ません。

    でも明らかに片側だけフェイスラインがたるんでいる場合は
    食事のとき、片側ばかりの歯で噛んでいるかもしれません。

    下がっていない側ばかりで噛んでいる可能性があります。

      続きを読む
    Posted by tarrumi at 2018年06月24日08:00

    2018年06月23日

    老けてみえないほうれい線

    ● 老けてみえないほうれい線

    こんにちは。おきゃんママこと加藤ひとみです。

    今日のテーマは「老けてみえないほうれい線」。

    え?ほうれい線って老けてみえるものじゃないの??

    そう思われた方

    もしほうれい線で悩まれているなら

    こちらの「ほうれい線の解消」の記事がおすすめです。

    フェイスリフトでほうれい線が改善するのか?
    という疑問とともに深く切り込んでいます。

    ほうれい線の解消法


    そもそも、ほうれい線ではないのに、
    これは、ほうれい線だ!と決めつけ、
    自分を追い込んでいる人がいます。

    これは非常にもったいない!!

    笑うと目立つからと、笑うことを避けている人もいる。


    笑わない→口輪筋が衰える→口角が下がる



    老け感がでてくる



    こういう悪循環になるんですよね^^;


    では、老けてみえないほうれい線とは?

      続きを読む
    Posted by tarrumi at 2018年06月23日08:00

    2018年06月22日

    モチベーションの保ち方

    ● モチベーションの保ち方

    こんにちは。おきゃんママこと加藤ひとみです。

    私たちは人間ですので、調子の良いとき悪いとき
    やる気のあるとき、あまり出ないときがあります。

    あって当然。

    ずっと全速力で走り続けている人もいるかもしれませんが、
    そうはいかないものです。

    しかも、我々は普段から忙しい。
    暇で暇でしょうがない、ということはめったにございません。

    その中で、
    表情筋をまんべんなく鍛えることを日々の日課にする、
    というのは、仕事が一つ増えたように感じられ、

    最初は続いてても、
    あとなかなか継続できない・・・

    なんてこともあります。


    実際レッスンに来られる方で
    リピートで参加されている方に、
    プログラムの継続状況を聞くことがありますが

    「毎日やってます!」

    という方と

    「やったりやらなかったりです」

    という方がいます。

    そして、そういう方も
    「やらなくてはいけない」とはしっかり理解されているので、

    今日はモチベーションを高めにまいりました!

    とおっしゃいます。


    でですね、

    レッスンに来れないけど
    モチベーションを取り戻したい人はどうすればよいか?ですが
    (遠方の方など)

    そういうときは、いっそまったく止めてみるのも一つの方法です。


    ただし、これは多少危険で、

    「止める」

    というのが適応できる人は
    少なくとも3か月以上毎日実践をしていた場合のみ。

    3か月以上継続していると、
    筋肉のベースができるので
    顔が間違いなく、実施前より引き上がっています。

    自分では気付かなくても、
    トレーニングをしたぶんだけ、正しい方法でしっかりとやっていれば、
    確実にたるみが以前より解消しています。

    ですので、モチベーションが出ないときは
    いっそピタッとやめてみてください。

    すると1週間もしないうちに、顔に「たるみ」を感じられるでしょう。

      続きを読む
    Posted by tarrumi at 2018年06月22日08:00

    2018年06月21日

    目の下のクマの2大原因と対処法

    ● 目の下のクマの2大原因と対処法

    こんにちは。おきゃんママこと加藤ひとみです。

    目の下のクマって、気になりますよね。
    不健康そうで、老けて見られがち。

    目の下のクマとは、目の下が暗く見える状態と考えます。

    青クマ・茶クマ・黒クマなど
    色別で説明してあるサイトもありますが

    どの色とも区別がつかなかったりで
    その分類の仕方もよく分からないですよね。


    わたくし的には2つの分類で良いと思います。

    ・目の下のたるみが影になっているクマ

    ・目の下のたるみの影でなく、皮膚自体が暗く見えるクマ

    色で分けて簡単に、はい何色だからこれですよ、とは
    単純にはいえないと思います。

    7bbb
    目の下のクマは単純に色別で判断できない


    ふくらみのせいで暗く見えている状態は
    目の下のたるみが原因なので
    たるみに合わせた対処法を考える必要があります。


    目の下が色素沈着のように見える状態は
    (シミではない)
    目の下のたるみとは違う形で対処していきます。

    改善法は「目の下の青クマ改善法」に記載しております。


    一方、目の下のたるみの解消法については
    こちらの記事で解説しています。

    目の下に膨らみがあって目の下が暗く見える場合は
    参考にしてみてください。

    目の下のクマの改善法

      続きを読む
    Posted by tarrumi at 2018年06月21日08:00



    ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
    ★ おきゃんママ流 たるみ改善3大セオリー とは?

    ■ 顔の重心を上部に上げる → たるみ改善プログラム(顔ダンス) のトレーニング実践 
    ■ その引き上げを維持する → 真皮のコラーゲン補強(愛用コラーゲンについて) 
    ■ 毛穴を引き締め、斜め毛穴による皮膚の下流れを防ぐ → 無添加化粧品でケミカル断ち 

    加藤ひとみプロデュース コスメ 【Selif(セリフ)】

    愛用品リスト」はコチラ

    若見え専門サイト 「若見えラボ」はこちら


    <効果をもっと実感したい方のためのレッスン> 

    講師 加藤ひとみの各種レッスン予定はこちらから

    ゆっくり相談できると好評を頂いています。悩みの深い方にお勧め。
    個人レッスンに近い少人数レッスン(1クラス3名限定)


    ● 地域からレッスンを探す

    ?どのレッスンが自分に合っているか分からない方はコチラ

    → 自分に合ったレッスンを探す

    ★自宅にいながらプログラムを学べる!通信コース開講しました
    「たるみ改善!顔ダンス」通信コース 詳細はこちら

     注目→ たるみをどうやって取るのか? 
     フェイスリフト術をやめたワケ 
     画像で追う 顔の変化 更新中♪
     塾生さん☆喜びの声・効果報告 

    <プロを目指す方>
    インストラクターとして活躍するために、『セルフリフティングの技術や知識』をしっかりと身につけるための講座を開設しております。
    プロ養成講座はこちら 
    プロ養成 通信コースはこちら

     女磨き塾プレミアム会員〜毎月レッスン動画をお届けします



    ***********


    ●会場別でレッスンを探す
    北海道北海道  東北青森/岩手/宮城/秋田/山形/福島
    関東   |東京/茨城/栃木/群馬/埼玉/千葉/神奈川
    北陸   |富山/石川/福井  甲信越新潟/山梨/長野
    東海   |岐阜/静岡/愛知/三重   関西滋賀/京都/大阪/兵庫/奈良/和歌山
    中四国鳥取/島根/岡山/広島/山口/徳島/香川/愛媛/高知
    九州   |福岡/佐賀/長崎/熊本/大分/宮崎/鹿児島
    沖縄   |沖縄  海外アメリカ/中国/韓国/シンガポール/その他の海外

    ?どのレッスンが自分に合っているか分からない方はコチラ
    自分に合ったレッスンを探す



    管理人プロフィール

    おきゃんママ (加藤 ひとみ)

    日本セルフリフティング協会 代表理事
    たるみの無い美肌、若々しい表情と
    スレンダーなボディを極めるべく
    日々精進しております。
    加藤ひとみのプロフィール
    おきゃんママ ヒストリー
    38歳

    38歳 必死に若作りしてタルミを隠していた頃。上まぶたとほうれいの影が気になり 始めた。



    46歳

    46歳 ケミカル断ちコラーゲン
    たるみ改善!顔ダンスを始めてからは
    ほとんどスッピンで出勤している。



    46歳

    48歳 セミヌード(汗) 39歳の頃より
    4kg減って身長165・体重49kgを維持
    これはデトックスしているおかげ。


    カラダを美しく保つための必需品

    画像で追う 顔の変化 更新中♪


    大人気!おきゃんママの本
    大人気!おきゃんママの本
    基本レッスン3種類・顔ダンス動画が月替わりで届きます。
    合成界面活性剤・合成ポリマー・シリコン・パラベン・合成香料・着色料・紫外線吸収剤 完全無配合肌バリアを壊さないコスメ(おきゃんママプロデュース)

    肌バリアを壊さないスキンケア用品にはなかなか出会えません。4年の歳月をかけて開発したSelif(セリフ)は市販の「なんちゃって無添加」の商品とは全然違います。

    肌バリアを育むblog

    たるみ改善 無料レポート
    たるみ改善プログラム
    若見えラボ
    若見えラボ
    たるみ改善!顔ダンス
    アイコン はじめに。(「顔ダンス」実践前に必ず読んでください)

    アイコン 概要と注意事項

    アイコン 基礎編
    アイコン ベーストレーニング

    アイコン あえいうえおあお

    アイコン中級編
    アイコン ベーストレーニング

    アイコン 五十音の歌
    アイコン 洗顔時のケア

    アイコン上級編
    アイコン ベーストレーニング

    アイコン 外郎売
    アイコン 洗顔時のケア

    アイコン オプション


    アイコン イベント前の集中レッスン


    記事検索
    アンチエイジングArchives
    livedoor Blog